眼瞼下垂手術

眼瞼下垂ってどんな病気?

瞼が垂れ下がった状態をいいます。
よく見えないので瞼を開けるために「眉を挙げ、額にしわを寄せたり」「無意識に顎をあげる」など、自分でも気が付かないうちに常に交感神経を働かせてしまうので、「肩こり、頭痛・眼精疲労・不眠などの原因になる」と言われています。
治療は、瞼を挙げる手術となります。

眼瞼下垂ってどんな病気?

主な原因

  • 高齢になって瞼の皮膚が緩んで起こる
  • 老化により瞼を挙げる筋肉(眼瞼挙筋)が弛むことや、本来ついているはずの瞼板組織から外れることで起こる
  • ハードコンタクトレンズの長期装用
  • 先天的に瞼を挙げる筋肉が弱く、加齢により症状が顕著になって起こる

治療(手術方法)

①皮膚切除術

弛んで余分となった皮膚を取り除き短く縫い合わせる手術

②挙筋短縮術

瞼を挙げる筋肉(眼瞼挙筋)が衰えている場合、皮膚だけでなく筋肉も縫い合わせる手術