杉田眼科ANNEX 9月1日 オープン 杉田眼科ANNEX 9月1日 オープン
当院についてABOUT
当院についてABOUT
受付時間HOUR
10:00-13:30
15:00-18:30
10:00-14:00
休診日 火曜日・祝日
医院名 杉田眼科アネックス
所在地 〒125-0042
葛飾区金町6-5-1 ベルトーレ金町205
アクセス JR常磐線 京成線「金町駅」南口駅前
※予約なしで受診可能
電話番号 本院:03-5660-1611
分院:03-5876-5105

GREETING院長挨拶
杉田眼科理事長 杉田 達

はじめまして。杉田眼科アネックス院長の青松勝です。
当院のホームページをご覧頂きありがとうございます。

私は、研修医時代に患者様が白内障手術によって見え方が劇的に改善したことを目の当たりにし、自分も眼科医療を提供することで目の疾患に悩む方々の役に立ちたいと思い眼科医を志しました。当グループ院の杉田眼科では、30年ほど前から数万件もの白内障手術を行っております。杉田眼科で学んだ新しい手術技術と知識を活かし、私を頼ってきて頂いた患者様により良い結果を提供できるよう全力を尽くそうと思います。

また、糖尿病の治療が遅れたことで末期の眼合併症を発症し、失明されてしまう方を過去に何人も経験しました。失明に至るほどに病気が進行してしまうのは、定期的に検診を受ける習慣がないためです。特に眼底疾患は症状が現れてから受診しても病状が深刻化していることが多く、そのまま回復せずに失明されてしまうケースが少なくありません。このような理由から、私は糖尿病網膜症や黄斑変性など失明に至る眼底疾患を早期発見・早期治療するため、定期的な受診の重要性を広めていきたいと思っています。

また最後に、現在、全世界で近視人口が爆発的に増加しています。特に東アジアではこの半世紀で10代の近視人口が約4倍に膨れ上がり、約8割を超えました。さらに未曾有のコロナ禍の状況が加わり、ステイホーム、デジタル機器使用の長時間化で、今後児童たちの近視進行はさらに加速して悪化していくことが予想されます。

近視は悪化すると、将来的に視覚障害の多くを占める眼科疾患に直結します。学童期になるべく近視進行を遅らせたほうが中年以降、目で苦労するリスクを減らすことができるのです。当院では近視の矯正治療はもちろん、小児の近視進行の抑制にも力を注いで行こうと思います。

経歴
  • 2009年 順天堂大学医学部卒業
  • 2009年 横浜市立大学附属市民総合医療センター初期研修
  • 2011年 横浜市立大学附属市民総合医療センター眼科
  • 2016年 ロンドン大学眼科大学院 (UCL Institute of Ophthalmology)
  • 2017年 横浜市立大学附属病院眼科
  • 2019年 昭和大学眼科特別研究員
  • 2021年 医療法人社団達洋会 杉田眼科アネックス 院長就任
資格
  • 2015年 日本眼科学会認定 眼科専門医 取得
      2017年 MSc Biology of Vision 取得
FIRST初めての方へ
FIRST 初めての方へ

杉田眼科ANNEXの診療は、予約優先になっています。
初めにお電話またはネット診療予約からご予約をおとりください。
※予約なしでも診察は受けられますが、
ご予約頂ければ待ち時間も短く診察をお受け頂けます。

下記より初診申込書(問診票)をダウンロードして頂き、
受診当日にご持参ください。院内にもご用意しておりますので
ご来院後にご記入頂いても構いません。

お問い合わせCONTACT
杉田眼科アネックス分院(南口)