各種手術について

白内障治療

白内障は、レンズの役割を果たす「水晶体」が濁る目の疾患です。多くの場合50歳ごろから、また、アトピー性皮膚炎や強度近視の人では若いうちから起こる目の変化といえるでしょう。

多焦点眼内レンズ・老眼治療

これまでの眼内レンズは単焦点眼内レンズと呼ばれる、遠くか近くどちらかにしかピント(焦点)を合わせることが出来ないレンズでした。そのためピントが合わない距離の物を見る場合に眼鏡を使用して生活をせざるを得ませんでした。しかし多焦点眼内レンズの登場により、白内障手術後の見え方は劇的に向上しました。

多焦点眼内レンズによる白内障手術を成功に導くためには、大事なことがいくつかございます。

レーザー白内障手術

当院では、白内障手術ナビゲーターのARGOSとフェムトセカンドレーザーのLENSX・術中波面収差解析システム ORAの連動により、より安全で精密な白内障手術の提供に努めています。

患者様は、超音波吸引による目の負担を軽減でき、より安全で精密な手術が受けられます。 正確な前嚢切開と正確なレンズ移植が可能になったことで、各眼内レンズの性能を最大限に享受できるようになります。

レーザー角膜屈折矯正手術・レーシック

レーシック・ラセックともに、エキシマレーザーを用いる手術で、角膜にレーザーを照射して角膜の丸みを減らします。

欧米、アジアなど世界中に普及して、毎年数百万人の人がこの手術を受けていると言われています。

眼内コンタクトレンズ について

眼内コンタクトレンズは、小さなレンズを目の中に入れて近視や乱視を矯正する新しい視力矯正手術です。フェイキックIOLは、直訳的な日本語で「有水晶体眼内レンズ」ともいいます。また中には「永久コンタクトレンズ」などと呼ぶ人もいるようです。
眼内コンタクトレンズは、レンズを固定する目の中の位置によって「前房型」と「後房型」の2種類があります。

網膜・硝子体手術

黄斑前膜除去術、黄斑下手術、硝子体切除術

緑内障手術

SLT(レーザー線維柱帯形成術)、GSL(隅角癒着解離術)、流出路再建術、トラベクロトミー(マイクロフックロトミー トラベクトーム)

眼瞼手術

眼瞼下垂手術、内反症手術、眉毛拳上術、眼瞼腫瘍切除術、余剰皮膚切除術、挙筋短縮術、ミュラー筋短縮術

その他の手術

翼状片手術、結膜弛緩症手術、結膜腫瘍除去手術、ゆうぜい冷凍凝固術、涙道内視鏡手術、涙点プラグ挿入手術